借金返済に有利なおまとめローンとは

複数の業者から借り入れを行っていて返済に困った時におまとめローンが有効です。これは、複数業者からの借金を借り換えにより一本化する事です。目的は、返済額を軽減する事であり、銀行を中心とした金融機関で実施しています。一般的に、消費者金融のカードローンより金利が低めに設定されており、借り換える事で返済額も少なくなる場合が多いです。


おまとめローンの経過と内容

この制度の背景には、2006年の貸金業法の改正が上げられます。その法律の改正で、上限金利の差としてあったグレーゾーン金利の廃止や総量規制が導入されました。そして、融資総額が年収の3分の1以内とする総量規制で、キャッシングや追加借入に制限が出て来ます。この様に、総量規制で不利益が出てしまう多重債務者をおまとめローンが救済してくれます。更に、債務者が返済条件として有利になる為、総量規制の対象外と成ります。実際に扱っている業者は様々で、その業者によって商品の内容や審査の条件も異なっています。なかには、上限金利の見直しが出来るのにしてそのままの場合も有ります。又は、条件が悪化したり、詐欺まがいの行為も有ったりします。従って、様々な商品を調べて比較検討を行い、自分に有利な商品を選ぶ事がとても大切です。


借入するときの注意点

急にお金が必要になった時に、大変便利なのが、金融機関の融資です。最近では、とても簡単に借入が出来るようになりました。中には、即日審査、即日融資が簡単にできてしまう会社も沢山あります。インターネットなどで、人と接することなく借り入れができてしまうというシステムもあり、初めての人でも抵抗なく利用ができるようになっています。


初めての時に気を付けたいこと

前述しましてように、借入はとても簡単なものになりました。あまりにも簡単借り入れが出来てしまうあまり、「借りている」「借金している」という感覚が生まれないのです。これが最大の注意点です。どんなに簡単に利用ができても、借金は借金です。しっかりと返済まで考えてから借り入れすることが大切なのです。


おまとめローンも注意

もう既に借り入れをしている人が利用するおまとめローン。既に借り入れ経験があれば、心配は無用かと思いきやそんなことはないのです。おまとめローンの危険なところは、返済が楽になったばかりに、自分が多額の借金をしているという事を忘れてしまうのです。無駄遣いする人も増えます。忘れないでください。決して借金がなくなったわけでもなければ、借金が減ったわけでもないのです。


おまとめローン審査のポイント

おまとめローンの審査では通常のカードローンやキャッシングの審査同様に、あなたの返済能力や信用を確認する審査が行われ、利用する為にはこれに通過する必要があります。


おまとめローン審査のコツ

おまとめローンでは担保や保証人が不要なので審査項目もその分少なくなり、また他の項目の重要度も増します。例えば勤続先情報というのはおまとめローン審査においては重要な項目です。おまとめローンはそのローンの性質上、一つの金融機関をそれなりの期間使い続ける事になるので利用者の収入が安定しているかどうかは特に会社の気になる所です。会社が公務員や医者、大手企業など社会的に信頼の厚い職業である事は有利ですし、一つの会社に長く務めている所謂勤続年数が長い事も有利になります。


審査で避けるべき事項

また審査においては加点同様に減点対象となる不利な内容も存在し、特に年収に対する借入の割合と、借入先の会社数は重要です。目安として総借入額が年収の1/3を超えている場合や、借入先が4社以上ある場合は、他の条件がどれだけ優れていても審査が厳しい傾向にあります。一時的にでもどうにかお金を工面し、これらの条件を潰して審査に挑むのが大切です。


初めておまとめローンをする人が気をつけるべきこと

ローンがたくさんあって管理しきれない。
いっそのこと、返済期限や金利を統一したいし、月々の返済も1回にしてしまいたい。
このような悩みに応えるのがおまとめローンです。
初めて利用しようと思っている方の中には、「このローンを使えば返済が楽になりそうだから使ってみたい」と思っている方が多いでしょう。
しかし、実際にはメリットだけではなく、気をつけなければらないこともいくつかあるのです。
おまとめをしてしまう前に、考えてみて欲しいことを紹介します。


おまとめローンで損をしてしまうこともある

おまとめローンを利用すれば誰でも楽になれるというわけではありません。
ケースによっては、逆に損をしてしまうこともあります。
なぜ損をしてしまう場合が出てきてしまうのかというと、おまとめローンの特徴として、月々の返済額が今までよりも小さくなるということがあるからです。
これは一見メリットのように思えますが、支払回数が増えてしまうことや返済期間が長くなってしまうことを考慮に入れるとそんなに良いことではありません。
というのも、期間や回数が増えると、利息の額も増えていってしまう可能性が高いからです。
それを知らずにおまとめローンを利用してしまうと、結果的におまとめ前よりも額が増えてしまうことがあるので注意してください。


おまとめローンで損をしないためにはどうすればいい?

まず重要なのは、申し込みをする前に本当に一本化をしてお得になるかどうかを計算してみることです。
金利だけにとらわれず、支払回数や返済期間でどれだけの利息が発生するのかをチェックしておくことが重要です。
また、もしすでにおまとめローンを利用してしまっていたら、月々の返済金額に少し上乗せして支払を行うといいでしょう。
とにかく回数と期間を小さくできるようにするのがコツです。
これから一本化をする方は、そこをよく考えてみてください。


乗り換えるなら銀行でおまとめローン

インターネットで情報が得られるとおり、消費者金融、信販会社などの複数の金融機関からの借り入れがある人は、貸金総量規制対象がになっている銀行系金融機関のおまとめローンが魅力的です。低金利、経験・知識共に豊富なファイナンシャルアドバイザーの助言が受けられるなどのメリットが満載、返済や多重債務で困っている人は、勇気をもって一度相談されることをお勧めします。問題を抱えたままで何もしないのでは、何の変化も期待できません、インターネットやスマートフォンなどで情報収集ができる人は、おまとめローンに関するさまざまな情報を得ることができるので検索して見て下さい。乗り換える場合に事前準備をやっておくと有利な事、審査の概要など役に立つ情報が沢山得られます。


<事前準備を怠らない事>

銀行系金融機関のおまとめローンへ乗り換えるといろいろなメリットが得られますが、それなりに審査も厳しくなるので自分でやれる範囲の事は事前にやっておくと、審査を通り易くなります。多重債務に陥ると、返済問題ばかりでなく信用を落としたり、精神的な苦痛を味わったりするなど、いいことは一つもないのでできるだけ早く少しでも負担を少なくする努力が必要です。今日の努力は明日の楽しみに変わります、銀行の窓口を叩いてみませんか。


おまとめローンのことがよくわからない…

現在の返済額が大きくて返済が追い付かなくて困っている…という方に返済の負担を減らす手段のひとつとしておすすめしているのがおまとめローンです。
通常消費者金融などから借り入れを行う際、借り入れ額が大きいほど金利は安くなります。
細かい融資額を一つにまとめることにより、金利を全体で小さくできるというのがおまとめローンの利点です。月々の分散した返済も一つになるので手間が減るというのも大きなメリットです。
おまとめローンを初めて利用しようかと検討しておられる方も、ぜひ事前に知識を蓄えたうえでの利用をおすすめします。


おまとめローンはより金利がお得な会社に借り換えを

おまとめローンの一番の利点は金利を安く済ますことができることなので、まとめた結果より金利が安くなる会社を選んで借り換えましょう。
しかし、不自然に安い金利を打ち出す会社は悪徳業者である可能性がありますから、事前に調べておきましょう。


おまとめローンでまとめたからといって油断は禁物

おまとめローンでまとめることで返済が楽になったと喜ぶのはいいですが、そこがゴールではありませんから、そこから楽になったはずの返済額を返済する計画をしっかり立てましょう。あらかじめいくら月に返済するのか確認することはとても重要です。


闇金に注意!おまとめローンの借入先はしっかり検討しよう

おまとめローンを借りようと思ったけれど、審査になかなか通らない。こんな場合は焦ってはいけません。まじめに返済して時期を待ちましょう。そんなとき、「誰でも借りられる」、「ブラックOK」なんていう甘い言葉に惹かれて闇金に手を出してはいけません。


<闇金とは?>

貸金業をするためには国や都道府県に届けを出して登録番号をもらいます。この登録をしていないか、登録はしていても法外な金利でお金を貸している業者が闇金と呼ばれています。実際には、「誰でも借りられる」、「電話一本で融資OK」といった甘い言葉で誘ったり、有名な会社の名前を勝手に使用したり、あたかも低金利で借りられるようなイメージを与えるなど、人目では闇金だとわかりにくくなっています。焦っておまとめローンを借りようとしている人は気をつけてください。


<闇金の見分け方>

おまとめローンの借入先を考える場合は、まずは貸金業者の登録番号があるかどうかを確認しましょう。あれば、金融庁のホームページで登録貸金業者を調べることができるので、会社名や住所等が合致しているかをチェックします。勝手に他の会社の番号を使用しているところもあるので、番号があるからと安心してはいけません。登録番号の(1)のような部分も注意して見てください。この数字は更新回数を表しているので、数字が大きいほど長く営業していることになります。数字が1や2の場合は要注意です。連絡先が携帯電話番号だけのところも闇金の可能性が高いので、絶対に避けましょう。


おまとめローンは何歳から利用出来ますか?

複数借入をしてしまっている人の中には、一本化にしたいと考えている人もいるのではないかと思います。
ですが、何歳からおまとめローンを利用できるのか、どんな人が利用できるのか知らない人が多いのではないでしょうか?
20歳から申し込みが出来るようになっていますが、定期的な収入を得ている人や勤続年数が安定している人が条件。
つまり、この条件を満たしている人であれば、アルバイトでもパートでも申し込みが可能となっています。


おまとめローンは銀行がいい?

一本化にするなら、やっぱり普段使い慣れている銀行の方がいいかもしれませんね。
最高限度額も高くなっているので、安心しておまとめローンを組むことが出来るようになっています。
ただし、銀行の審査は少々厳しくなっているらしいので、申し込みの際には自分の情報を確認するように。
信用情報機関という場所に問い合わせをすれば、自分の信用情報を知ることが出来るみたいですよ。


初めての人は?

初心者は最初にローンについて調べてから、申し込みをした方がいいと思いますよ。
おまとめローンを初めて利用する人は、詳しいことを知らないので事前確認が必要になります。
資料請求が出来るのであれば、してもらった方がいいと思いますので問い合わせてみて下さいね。


おまとめローン利用後に、クレジットカードの利用は可能か

おまとめローンの利用は、まとめる対象となっている金融業者の借金が本当に完済され解約されたといった証明を提出する必要があります。本人に成り代わっておまとめローンの実行を行った金融業者が返済を行うケースもあります。


<おまとめローンを利用してもクレジットカード利用には支障は出ない>

おまとめローンで完済する債務の中に、クレジットカードの債務が含まれていれば、それが完済と解約の対象となります。一度完済して解約してしまうと、新たにも打ち込みを行うことになりますので、それまでに貯めたポイントなども消滅することとなります。もし今まで同様にそのクレジットカードが使いたいということであれば、おまとめにそのクレジットカードは含まないようにしなければなりません。おまとめを利用した後の信用情報は、完済と新たな借入の履歴が残ります。それを見るとおまとめローンを利用したことは容易に予想できますが、きちんと支払いがなされていれば、クレジットカードの利用を停止されることは考えにくいと思われます。おまとめして返済するのですから、全体の借金総額も変わりません。急に利用限度額が減らされるということも、必ずないとは言えませんが、可能性としては低いものです。


おまとめローンはどうやって選びますか?

複数ローンをしてしまっている人がこちらのローンを使いたいとなった時、どのようにして選ぶのがいいのか。
自分で細かくネットで検索をしておまとめローンを扱っている金融会社を探すのは大変だし時間もかかります。
その時に助かるのが、人気ランキングや比較サイトなんですよ。
比較をしやすいように詳しいことを掲載してくれているから、見やすいし分かりやすくてオススメですね。


おまとめローンは金利が決め手?

お金を借りる時に気にするのは、やっぱり金利だと思いますがなるべく低金利のところがいいでしょう。
おまとめローンは低金利の場所を選んで返済していく方が負担も少ないし、総返済額も少しだけ減らすことが出来ます。
特に初めて利用する人は、簡単に決めてしまうのではなくて色々調べて比較をしてから決めるようにして下さいね。
最初に窓口へ行って説明をしてもらったり、資料を請求してみるとかするのもいいことだと思います。


返済は自分のペースで

返済についてですが、自分のライフスタイルに支障が出ない程度の金額に設定しましょう。
無理しておまとめローンの返済をしてしまうと、後々苦しくなってしまう事もありますからね。
毎月延滞することなく支払える金額にしておくことがベスト。


おまとめローンで返済を

おまとめローンは、多重債務をしてしまっている人にぜひ利用してもらいたいもの。
複数ある借入ローンを一本化することが出来るので返済に追われたり金利手数料を複数支払う事も無くなります。
経済的にも精神的にも負担を減らすことが出来るので、ぜひ利用してみて下さい。
初めての人でも難しいことはないので、資料などをみて説明してもらえばすぐに仕組みを知ることが出来ます。


おまとめローンは本当に便利

おまとめローンを利用すれば、返済額が少しだけ減る可能性があります。
それは、比較的低金利なところが多いからと言われています、その利用先によって違いますが低金利だから返済をしやすくなっているみたいですよ。
おまとめローンを利用する前に、少し返済額などの計算をしておくのがいいでしょう。
計算するのが苦手な人は、ネットで調べるとシミュレーションできるサイトが出てきますから、そちらを利用するのがいいです。


審査はどうなっていますか?

おまとめローンの審査は、しっかり返済できる人が基準になっているので人によっては厳しく感じるかもしれません。
安定した職についてちゃんと収入を得ている人なら問題ないと思いますが、収入が安定していない人は通りにくいかも。
また、勤続年数が1年未満の人は審査に通れないのでせめて1年以上は勤めるようにしてから審査を受けるように。
勤続年数で引っかかってしまう人が、意外に多いみたいなのでご注意を。


おまとめローンとグレーゾーン

おまとめローンを申し込む際は、自分が今までグレーゾーン金利で長く支払いを続けていなかったか確認しておいた方が有利です。グレーゾーン金利とは2010年6月18日以前までは年利29.2%を超えてからしか刑事罰を科せられませんでした。そのためこのギリギリの金利を設定している会社が数多くありましたので、もし古いローンを未だに払っているときは金利をきちんと確認してからおまとめローンを申し込みましょう。


<グレーゾーン金利の問題について>

現行の年利については、10万円未満なら20%以下、100万円未満なら18%未満などと取り決めがあります。グレーゾーン金利に該当する金利を支払っている場合、もし現行の金利で計算しなおすと完済していた、場合によっては過払い請求もできるということも無きにしもあらずといえましょう。

しかしほとんどの会社はおいそれと過払い金請求には応じてくれないことが大半です。そこで法律の専門家を頼ることになるのですが、法律家も商売です。成功したあかつきには報奨金を支払う必要があります。それら報奨金などを支払うと過払い金がなくなってしまうこともありえます。つまり個人の抱えている負債に完全によりけりという部分があるのです。おまとめローンの申し込みの前にいったい現行の金利ならどうなるのかを計算しておき、やはりおまとめローンの方がお得であると判断するなら、一本化してしまうのもよいかもしれません。


おまとめローンの審査

おまとめローンにも審査は行われます。それでも、それぞれの借り入れ先に毎月きちんと返済していて延滞などの事故歴がなければ、審査は比較的緩やかです。また、借り手に一方的に有利なおまとめローンは、総量規制の対象にはなりません。


まずは相談

あちこちに借り入れが散在し、無駄な利息を払い続けている人の多くは、どこでもいつでもの気軽さや便利さを優先して、自分が後から支払うことになる利息に付いてあまり真剣に考えていない人が多いようです。それでもあちこちからの引き落としなどが負担に感じられるようなら、まずは借り入れの総額をきちんと把握した上で、どこかに相談することをお勧めします。今返済中の会社の中で金利が低く安心できる会社を選ぶか、新たに銀行におまとめローンが組めるか相談してみるのも良いでしょう。


限度額を引き上げてもらう・もしくは新たな銀行に相談

返済中の会社に対して、おまとめローンを新たにお願いできるかは、実際に交渉してみましょう。もちろん審査が行われますが、それまできちんと返済していれば合格する可能性は高いでしょう。新たに銀行におまとめローンを申請する場合も審査がありますが、それも返済実績に問題がなければ、総額の借入金額から考えると比較的審査は緩やかです。全てが一度にまとめられなくても、利息を少しでも減らせるのであればやる価値はあるでしょう。


おまとめローンを初めて利用する方へ

すでにおまとめローンを利用されている方もいらっしゃるかとは思いますが、中にはこれから利用してみようかお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
おまとめローンとは複数ある借入先を一つにまとめることで返済日も一つにしてしまうというものですので、返済日がいつだか忘れてしまったといったこともなくなりますので非常に便利だと思います。
また、低金利なところもメリットの一つですので短期間で返せばさらにお得になります!


おまとめローンのメリットについて

初めて利用される方はおまとめローンのメリットについてまだあまりご存知ないかもしれませんので、紹介したいと思います。
メリットは先程申し上げました低金利である所と返済時の負担が少なくなることですね。
返済をきちんとすることを目的にしていますから、利用している間の借入は出来るだけ避けるようにしていただければと思います。
短期間で返済できる方は短期間で、そうでない方はきちんと毎月返済していくようにしましょう!


審査について

おまとめローンの審査は厳しいという声が多いようですが、それはきちんと確認をしてくれているからなのだと思います。
余程のことが無い限りでしたら比較的多くの方が問題ないかと思いますので不安に思う事はありません。
不安な方や心配な方がいましたら、前もって利用したい場所の審査について調べてみることが良いかと思いますし、直接お問い合わせをして確認してみるのでも良いかと思いますよ!
特に初めての方でしたら先にご確認していただくことをお勧めします。


おまとめローンの知っておきたいこと

いくつかある借金の返済を一本化して借り換えるローンのことを、おまとめローンと呼んでいます。このおまとめローンでは、金額がまとまるためにかかる年利や安くなる場合があることや、返済にかかる手間を大幅に減らすことができることもあり、非常に多くの人が利用していると言われています。


おまとめローンは総量規制対象外

おまとめローンを利用する上で知っておきたいことがあります。消費者金融では貸金業法という法律によって年収の3分の1を超えたお金を貸すことができないという総量規制があります。ただし、この法律を利用するとおまとめローンを利用できなくなってしまう人の数は増えてしまいます。そこで、まとめて返済を行うこのサービス関してはこの法律から除外されているので、総量規制を気にせずに利用できるということです。総量規制を気にして審査をためらう必要はありません。


心の負担を軽くする効果も

おまとめローンを利用すると返済の手間が減ります。物理的にも精神的にも、非常に楽になるのです。何度も返済に行くという物理的な時間や面倒はもちろんのこと、毎月何度も返済があるのだという気分を変えてくれるのです。金額的にも返済には困っていることはないけれど、債務があることそのものを負担に思ってしまうのであれば、利用してみるといいでしょう。ただし、返済がまとまっただけで借金は残っています。安心しすぎてまた借金を作るようなことは避けるようにしましょう。


おまとめローンのシステムとは

これからおまとめローンに申し込みをしようと思っている人のために、その簡単なシステムをこちらでご説明しましょう。おまとめローンというのは多重債務者のために作られたサービスで、それを利用することによって複数の債務をひとまとめにすることができ、結果的に毎月の返済額を大きく減らすことができるのです。


おまとめローンとは複数の借金を1箇所にまとめること

金融機関に申し込んでおまとめローンで複数の借金を一本化させるということは、その金融機関が借金を肩代わりしてくれるということです。ですから、今度はその金融機関に対して返済をしていくということになります。しかし複数の借金が1箇所からの借金になっただけでどこがどうメリットなのか分からないという方もいるかもしれませんが、こうして借金を1箇所にまとめることによって金利の額が変わってくるのです。


金利の額だけで月々の返済額に万単位の差がでることも

今まで別々に支払っていた利息を全て一つにまとめることで、借り入れしている額によっては月々の返済額が万単位で変わってきます。毎月の返済が苦しくなってきたからといって新規で借り入れをして、それによって返済の穴埋めをしたところで借金が増えてしまうだけです。新しく借金を増やす前に、まずはおまとめローンで借り入れの一本化をさせましょう。


おまとめローンの審査で落ちてしまったら

おまとめローンの審査は、誰でも通るというわけではありません。ですが、基本的に、きちんとした職業についていて、毎月決まった収入があれば落ちるという事は無いと思います。それでも落ちてしまったというひとはどのようにしたらいいのでしょうか。


銀行のおまとめローンがだめなら消費者金融のおまとめローン

前述しましたような人なら基本的には審査に落ちてしまう事はありません。ですが、落ちてしまった場合は、その金融機関が銀行の場合は、消費者金融のおまとめローンの審査を受けてみるといいでしょう。やはり、銀行の審査は消費者金融と比べると通りづらいのが現実です。何故かと言えば、銀行は基本的には呼ばなくてもお客様はきます。その中から優良なお客様を選ぶために審査をするのです。だから、審査が必然的に通りづらくなるのです。消費者金融は、銀行で審査が通らなかった人が申し込みをしてくるので、幾分か銀行よりは審査が厳しくないということです。ですので、審査を受ける時は是非銀行から受ける用にしましょう。


消費者金融のおまとめローンがだめならカードローン

残念なことにおまとめローンの審査は厳しいのが実情です。だから銀行どころか消費者金融でもおまとめローンの審査が通らないケースも存在します。そんな場合は決して落ち込まずにカードローンの申込をしてください。カードローンの場合は、限度額が500万円と大体の金融機関が高めのため、カードローンでおまとめをしたり、全部を一括にできなかったとしても、2~3社をまとめることで借入先を減らすことができます。借入先が減れば、あらためておまとめローンの審査に通ったりすることもあります。

<参考サイト>
カードローンサイト・・・当ページのカードローンについての情報はこちらのサイトを参考にさせて頂いております。


おまとめローンと債務整理

時々耳にする話の中には多重債務をおまとめローンで脱却するくらいなら、いっそ債務整理や自己破産をしたほうがいいという話をききますがはたしてそれは本当に有効な選択なのでしょうか。


債務整理の問題点

確かに債務整理を行ってしまえばあなたの多重債務は解決するし過払い分も戻ってくるかもしれません、しかし債務整理にもいくつか問題があります。まずカードローン同様必ずしもあなたの自己破産が認められるわけではない点です。またおまとめローンの審査と比べて法的処置になるので時間が非常にかかる為、ある程度の長期戦を覚悟する必要があります。契約内容を証明する書類など必要なものが紛失なく揃っている必要もあり、もし何等かの契約書を無くしていた場合などは法的にあなたの借入を証明するのが困難になります。そして何より自己破産を利用すると、後の人生でクレジットカードやローンなどが利用困難になります。


おまとめローンで解決

おまとめローンを利用すれば、審査にかかる時間は債務整理に比べれば圧倒的に低い上に、比較的に条件も優しいと言えます。また無事完済する事ができればあなたの信用が傷つく事はありませんし、むしろ完済者として実績を積む事ができます。


おまとめローンと総量規制

おまとめローンには、銀行系と消費者金融系があります。一般的には、銀行系の方が審査が厳しめです。ですから、消費者金融系のおまとめローンで好条件のものがあるのならば、そちらに狙いを定めた方が審査が通り易い場合があるかもしれません。


総量規制で引っかからない

消費者金融系の融資は総量規制という制度に制限を受けています。その規制にかかると、年収の約3割以上の借金がある方には融資ができない事になっています。しかし、このルールでは多くの負債者が見捨てられる結果になりかねません。そこで、認められたのが「例外」です。基本的に、総量規制は利用者を守る事が目的ですので、利用者に圧倒的に有利な借換え条件のおまとめローンはこの規制を通過する事ができるのです。


おまとめローンに救われよう

圧倒的有利な条件とは、利用者の債務が段階的に減少、または負担が明らかに減る場合です。今までの借入れ先より低金利で借換えが可能になれば、目に見えて負担を減少させることが可能です。


おまとめローン利息を具体的に考える

低金利のおまとめローンを利用する事で金利が安くなる、と言われていますがでは実際におまとめローンを利用する事でどの程度金利を抑える事ができるのでしょうか。


多重債務の現状把握

例えばあなたは今現在3社からの借入がいると仮定します。A社からの借入は50万円で年利は15%だとします。B社からの借入は100万円であり年利は12%です。そしてC社からの借入は最大の150万円であり年利は10%だとします。この場合年間に払うべき利息はA社が7万5千円、B社は12万円、C社が15万円になります。全てを合わせるとその総額は34万5000円にもわたり、月々の支払額は28750円になります。


おまとめローンを利用した結果

ではこの三社の総額300万円の借入をおまとめローン利用で一本化したとします。300万円の借入なら年利が7%で借りる事ができたと仮定すると、年間利息は21万円になり月々の支払額は17500円になりました。多重債務の状態とおまとめローン使用後の状態を比較すると、月々の支払額が凡そ1万円近く違ってきます。総借入額は全く同じなのに、おまとめローンを利用するだけで支払い額がこれだけ違ってくるのです。これはあくまで一例でしかありませんが、もし多重債務にお悩みでしたら、一度このように具体的な数字をいれて計算してみる事をおすすめします。


おまとめローン審査の狙い時

おまとめローンをほぼ同じ属性や信用情報で同じ会社に申し込んでも、しばしば一方が受かりもう一方は落ちてしまうといった不思議な現象が時々発生します。これはおまとめローンをはじめとした多くの借入商品には審査に向いた時期とそうでない時期が存在するかです。


おまとめローン審査の裏側の人

おまとめローンに何も限った事ではありませんが、最終的な決断をしているのは確実に人間です。彼らの仕事は当然リスクのある顧客を篩にかける事ですが、もう一つの仕事に、会社の利となる契約をリスクの少ない利用者から積極的に拾っていく事があります。彼らは仕事として審査をしているので当然「ノルマ」という概念が裏では存在しているが故に、時期によってはノルマを達成する為に本来なら審査にギリギリ落とされていた人間を通す事があるのです。より審査の勝率を高める為にはこの時期を見極める事が重要です。


新規顧客キャンペーンが狙い目

とはいえ審査側のノルマの期限を見極めるのは実際問題なかなか難しいものです。そこで審査は新規入会者向けのキャンペーンを狙うのが有効です。これらのキャンペーンは会社側や審査の人に明確に何人と契約、といった目標が設定されている事が多いからです。入会特典も狙える上に審査も甘い傾向があるので積極的に狙っていきましょう。


おまとめローンに必要な書類

おまとめローンとはいえ、基本的にはお金を貸す商品である為、申し込み方法や必要な書類などは、他のフリーローンやカードローンといった商品に準じます。おまとめローンは基本的に担保や保証人をたてなくても利用できるものがある為、必要書類は以下の二つになります。


おまとめローンと本人確認

おまとめローンに関わらず全ての借入に必要と言っても過言ではないのがこの本人確認の書類になります。これは主に写真付きのIDの事を示し。一般的には運転免許証や保険証、パスポートなどが利用されます。基本的にはあなたに成り済ました他者がお金を借りようとしているのではないか等を確認する為のもので他意はありません。書類の写しを直接渡す以外に、郵送で送る、ネットでデータをアップロードするなどの方法で提出されます。


収入証明書類も必要?

また、多くのおまとめローンでは収入証明書類が必要になる事があり、これは源泉徴収や給与明細などを利用する事ができます。ただ一概に全てのおまとめローンに必要かと言われるとそうではなく、収入証明がいらない商品もあるようです。しかし大抵の場合、限度額が低めに設定されており使い辛い印象がある他、収入証明書類を利用した方がより確実におまとめローンの審査を通過する事ができるようです。


おまとめローンと総量規制

おまとめローンは複数の会社からの借入を一つにまとめる商品です。しかしおまとめローンを利用する場合、既存の借入を返済する為に、一時的に更に同等額の借入をしなくてはいけないので、総量規制に気をつけなくてはいけません。


総量規制とは

総量規制とは貸金法の中でも、収入の1/3以上の借入を制限する法律です。この収入の1/3以上というのは今あなたが借りている額の合計を指すので、例えばA社とB社の合計が既に収入の1/3に相当していた場合は、A社でもB社でも借入ができなくなる他、新たにC社からお金を借りる事もできなくなってしまいます。ただし目的のはっきりしている住宅ローンやオートローンはこの合計を求める際に対象外になります。


おまとめローンを使うなら

おまとめローンに比較的に向いているとされるのは銀行が提供しているおまとめローンだと言われています。何故なら銀行のカードローンは総量規制の対象外になるからです。また金利も低めの傾向にあるので大きな額を利用するおまとめ向きです。