おまとめローンとグレーゾーン

おまとめローンを申し込む際は、自分が今までグレーゾーン金利で長く支払いを続けていなかったか確認しておいた方が有利です。グレーゾーン金利とは2010年6月18日以前までは年利29.2%を超えてからしか刑事罰を科せられませんでした。そのためこのギリギリの金利を設定している会社が数多くありましたので、もし古いローンを未だに払っているときは金利をきちんと確認してからおまとめローンを申し込みましょう。


<グレーゾーン金利の問題について>

現行の年利については、10万円未満なら20%以下、100万円未満なら18%未満などと取り決めがあります。グレーゾーン金利に該当する金利を支払っている場合、もし現行の金利で計算しなおすと完済していた、場合によっては過払い請求もできるということも無きにしもあらずといえましょう。

しかしほとんどの会社はおいそれと過払い金請求には応じてくれないことが大半です。そこで法律の専門家を頼ることになるのですが、法律家も商売です。成功したあかつきには報奨金を支払う必要があります。それら報奨金などを支払うと過払い金がなくなってしまうこともありえます。つまり個人の抱えている負債に完全によりけりという部分があるのです。おまとめローンの申し込みの前にいったい現行の金利ならどうなるのかを計算しておき、やはりおまとめローンの方がお得であると判断するなら、一本化してしまうのもよいかもしれません。


Comments are closed.